和婚のいろは

白無垢のレンタル相場はどれくらい?レンタル先や注意点をチェック

投稿日:

結婚式で着用する白無垢をレンタルする場合、どのくらいの費用がかかるのか気になりますよね。

そこで今回は、白無垢をレンタルする際の費用相場をご紹介します。

レンタル先や注意点もご紹介するため、白無垢のレンタルを検討する方はぜひ参考にしてください。

Webで来店予約

白無垢のレンタル相場

白無垢のレンタル先によって相場は変わりますが、およそ10万円~20万円前後かかるといわれています。

費用相場に幅があるのは、白無垢の素材や刺繍、製作したデザイナーによって変わるからです。

白無垢を選ぶときに素材や刺繍にこだわると、レンタル費用は高くなる傾向があります。

また白無垢の衣装だけでなく髪飾りや扇子、草履など合わせる小物をすべて揃える場合も費用がかかるでしょう。

もし費用を抑えて白無垢や小物一式を揃えたいなら、結婚式に衣装代や小物代が含まれるプランを選ぶ方法もあります。

それぞれレンタルするよりも費用を抑えられる場合も多いので、相場を確認して予算内に収められる方法を選びましょう。

白無垢とは?基礎知識を理解しておしゃれな和装婚を実現しよう!

白無垢を着用する2つのシーン

古来より日本の和装でもっとも格式が高いといわれる白無垢は、婚礼のみで着用できる衣装です。

白無垢は「嫁ぎ先の色に染まります」といった意味が込められており、打掛から草履まですべて白で統一します。

髪型は花嫁の伝統的な髪型である日本髪で、高い位置で髷を結う文金高島田にまとめます。

しかし近年は、自由にアレンジできる洋髪スタイルを選択する花嫁も徐々に増えてきました。

そんな白無垢を着用するシーンは、和装の結婚式と前撮りです。

それぞれの特徴を確認していきましょう。

1.新郎新婦が愛を誓う「結婚式」

和装の結婚式には、神前式・仏前式・人前式があります。

神前式とは、神殿で新郎新婦が同じ酒を飲み交わす「三三九度」などの儀式を通じて、祀られている神に対して2人の仲を誓うことです

本来は神社で行われる儀式ですが、近年は結婚式場やホテルにある神殿で儀式を実施することもあります。

仏前式は新郎新婦のご先祖様に結婚を報告して、感謝の気持ちを伝える儀式です。

一般的には自宅に僧侶を招いて、仏壇の前で行われます。

あまり馴染みがない方もいるかもしれませんが、神前式と同じく日本で古くから行われている儀式です。

人前式は両親・親戚・友人などの参列者に見守られながら、新郎新婦が結婚を誓う儀式です。

一般的には結婚の署名や誓いの言葉、指輪交換などが行われますが、儀式に決まったスタイルはなく開催場所にも制限はありません。

自由にアレンジできる儀式として、近年注目を集めています。

2.挙式前に写真を撮影する「前撮り」

前撮りとは挙式前に和装や洋装を着用した新郎新婦を撮影することです。

挙式が始まると、結婚式の主役である新郎新婦は多忙を極めます。

新郎新婦がゆっくり落ち着いてふたりだけで写真を撮る機会も少ないため、挙式前に写真撮影を行うのが一般的です。

前撮りでは、新郎新婦の立ち姿や座り姿だけでなく、小物やブーケを活用したり個性的なポーズで撮影したりして思い出に残る写真を撮ります。

和装前撮りポーズをご紹介!撮影場所や注意したいポイントについて

白無垢のおすすめレンタル先3選

白無垢を購入すると多額の費用がかかるので、一般的にはレンタルすることが多くなっています。

しかし白無垢はどこでレンタルできるのか、分からない花嫁もいるかもしれませんね。

白無垢の主なレンタル先には、結婚式場や和装専門の衣装店、ネットのレンタルサイトがあります。

それぞれ得られるメリットも異なるので、違いをしっかり把握してどのように白無垢をレンタルするか検討しましょう。

1.結婚式場

和装の結婚式を結婚式場で挙げる場合、会場内に白無垢をレンタルできる衣装サロンがあることも多いです。

結婚式場で予約を取れば、新郎新婦の衣装は貸し出しサービスを提供する衣装サロンからレンタルできます。

結婚式場と白無垢のレンタル費用をまとめて支払えるのも、うれしいポイントです。

担当プランナーから衣装合わせの連絡があるので、新郎新婦で相談して都合の良い日程を選びましょう。

当日の着付けや進行も担当者に任せられるので、安心して式に挑めます。

2.和装専門の衣装店

白無垢は和装専門の衣装店からレンタルすることも可能です。

例えば自宅の近くに衣装店があるなら、時間が空いたときに試着したり衣装の下見ができたり新郎新婦のペースで借りる衣装を探せます。

ただし結婚式場で挙式を挙げる場合は、衣装の持ち込み料が発生することがあるので要注意です。

予算を超える場合もあるので、結婚式場で挙式を行う場合は事前に確認しておくのがいいでしょう。

3.ネットのレンタルサイト

自分で白無垢を探すときは、ネットのレンタルサイトを使用する花嫁も多いようです。

結婚式場の衣装サロンや和装専門の衣装店より、費用を抑えて白無垢をレンタルできるメリットがあります。

なかにはサイトで着用したい白無垢を選択し、実店舗で試着できるレンタルショップもあるので安心です。

衣装の貸し出しが配送で行われる場合は、配送日程や時間に間違いがないように記載しましょう。

白無垢をレンタルする際の4つの注意点

白無垢を借りるときは、次のような注意すべきポイントがあります。

  • 故意の汚れには別途料金がかかる
  • 計画的に進めないと予約が埋まる
  • 持ち込み料が発生する場合がある
  • 自分で用意が必要な小物がある

場合によっては予算以上に費用がかかることもあるので、準備を進める前に確認しておくことが大切です。

それぞれの注意点を確認していきましょう。

1.故意の汚れには別途料金がかかる

白無垢をレンタルする場合に注意すべきことは、故意による汚れです。

例えば食べ物をこぼしたりメイクがついたりした場合、傷扱いとなりメンテナンス代や修理費用を請求されることがあります。

特に白無垢を着たまま移動が多くなる挙式では、天気にも注意しなければいけません。

余計な出費を減らすためにも、汚さないように注意しましょう。

2.計画的に進めないと予約が埋まる

白無垢のレンタルは、予約した人から優先的に借りられます。

特に人気のある衣装の場合は、計画的に準備を進めないとお気に入りの和装がレンタルできなくなることもあるかもしれません。

新郎新婦で予定を合わせて衣装の試着に行くのもいいですが、ふたりの予定が合わないときは先に花嫁の衣装だけ見に行きましょう。

お気に入りの1着が見つかったら、早めに予約を入れることをおすすめします。

3.持ち込み料が発生する場合がある

先ほども少し触れましたが結婚式場で挙式をする場合、提携する衣装サロン以外でレンタルしたときは別途持ち込み料が発生することがあります。

持ち込み料の相場は、1着あたり2万円~5万円ほどです。

ただしすべての結婚式場で持ち込み料が発生するわけではないので、事前に確認しておくといいでしょう。

結婚式場の検討段階であれば、持ち込み料がかからない式場を選ぶのもいいですね。

4.自分で用意が必要な小物がある

白無垢をレンタルする場合、肌襦袢・裾除け・白足袋・腰紐などの和装小物は含まれていません。

これらの小物は基本的に着用する人の肌に直接触れるものなので、自分で用意するのが一般的です。

小物の用意にかかる費用は白無垢のレンタル人は別にかかるので、予算に入れておく必要があります。

「白無垢をレンタルしたら小物もセットになっている」という思い込みも多いので、十分に注意しましょう。

和婚スタイルなら衣装代がプランに含まれる! 

この記事では、白無垢のレンタル相場についてご紹介してきました。

ポイントは、以下のとおりです。

  • 白無垢のレンタル費用は10万円~20万円前後かかる
  • 直接肌に触れる小物は自分で用意する必要がある
  • 持ち込み料や修理費用がかかる場合がある
  • 計画的に準備を進め早めに予約を入れること

和婚スタイルでは、48,800円から結婚式が行える挙式プランを提供しています。

白無垢の用意もプランに含まれており、自分に似合う和装を見つけられるはずです。

無料相談会も実施しているため、白無垢のレンタル先に選びに迷うなら一度参加してみてはいかがでしょうか。

Webで来店予約

-和婚のいろは

Copyright © Best-Anniversary, All Rights Reserved.