和装のいろは

結婚式で使われる和装小物を紹介。取り入れる際のポイントも解説

投稿日:2022年2月9日 更新日:

結婚式で使用する和装小物には、どのような種類があるのか気になりますよね。

今回は、結婚式で使われる主な和装小物を紹介します。

小物を取り入れる際のポイントも解説するので、併せて参考にしてください。

和婚スタイルの無料相談会 開催中!

「結婚式をしたいけど何から準備すればいいの?」

「神社で結婚式をするためには、何をどうするの?」

「神社での結婚式はお金はどれくらいかかる?」

もやもや”としたお悩みはありませんか?
最初は、何から相談するべきなのかわからず、不安ですよね。
お客様同様、先輩カップルも同じように不安でした。

そこで、年間1,300組の結婚式を支援している和婚スタイル無料相談してみてはいかがでしょうか?

\ 予約完了まで3分 /

Webで無料相談を予約する

【和婚スタイルの無料相談会に参加するメリット】

  • 本番までの準備や段取りがわかる
  • 神社で結婚式をする際の費用がわかる
  • 試着をして実際の着心地を確認できる
  • 「和装で写真が撮りたい」「自宅で結婚式をしてみたい」などの相談もできる
  • 48,800円という低価格なのに口コミ評価が高いヒミツがわかる

来館いただくと、無料で白無垢や色打掛など式当日に着る衣装を試着できますよ

来店が難しいお客様のために
無料オンライン相談会も実施中!

当日の急なご予約もOK!
10分のスキマ時間での相談もできます

もやもや”とした結婚式のお悩みを「和婚スタイルのスタッフ」と一緒に”すっきり”させませんか?

無料相談会へのご予約は、たったの3分で完了します!

もちろん、しつこい営業当日にムリヤリな契約はいたしません

相談予約ボタンポチッとタップして
無料相談会にご参加下さい!

\ 予約完了まで3分 /

Webで無料相談を予約する

和婚スタイルの費用を見てみる

結婚式に使用する和装小物の役割

結婚式に使用する和装小物は、2人らしさを演出してくれます。

和装小物とは、江戸時代の女性が実際に使用していたアイテムを簡略化したものです。

1つ1つの和装小物には意味が込められており、結婚式に使用することで願いを込めた挙式となるでしょう。

また前撮りやフォトウエディングの際に活用すると、写真に動きが生まれたり、さまざまなポーズで撮影できたりと素敵な写真に仕上がります。

2人らしい素敵な結婚式を挙げるために、和装小物は重要なアイテムです。

 

和装小物の主な種類8つ

和装小物の主な種類は、以下の8つです。

  • 髪飾り
  • 草履(ぞうり)
  • 帯締め(おびじめ)
  • 抱帯(かかえおび)
  • 帯揚げ(おびあげ)
  • 懐剣(かいけん)
  • 筥迫(はこせこ)
  • 末広(すえひろ)

小物によって、込められた願いが異なるため、それぞれの意味を理解することが大切です。

ここでは、それぞれの和装小物について詳しくチェックしましょう。

なお、結婚式の和服に関する詳細は、以下の記事をご覧ください。

結婚式の和服|新婦・新郎・両親の和服にはどんな種類があるの?

1.髪飾り

髪飾りには、以下の4種類があります。

  • 簪(かんざし)
  • 笄(こうがい)
  • 角隠し
  • 綿帽子

簪(かんざし)と笄(こうがい)

簪(かんざし)とは、束ねた髪を固定する際に使用する小物です。

一方、笄(こうがい)はマゲを束ねる際に使用します。

簪と笄は先が尖っていることから、魔除けとして活用されています。

また簪と笄は色やデザインが豊富であるため、好みに合わせて選びやすいのが特徴です。

衣装に合わせた色柄や素材を選ぶのもいいでしょう。

角隠し

角隠しとは、頭に被る帯状の白い布のことです。

白無垢だけではなく、着物で結婚式を挙げるときにも使用できます。

角隠しを用いると、髪型や簪などが見えるのが特徴です。

角隠しには「怒りや嫉妬を隠して、良い妻でいる」との意味が込められています。

綿帽子

綿帽子とは、頭をすっぽりと覆い隠す白い布のことです。

角隠しとは異なり、白無垢のときのみ使用するほか、髪型や簪などは見えないのが特徴です。

綿帽子には「挙式が終わるまで、新郎以外に顔を見せない」といった奥ゆかしい気持ちが込められています。

そのため白無垢を着る際に角隠しと綿帽子のどちらを着用するか迷った場合は、込められた意味で決めるのもひとつの方法です。

なお、和装結婚式でのヘアースタイルにお悩みの人は、以下の記事をご覧ください。

 

白無垢に合う洋髪スタイル6選!おすすめの髪飾りや注意したいこと - 和婚のいろは

色打掛に似合う髪型は?参考にしたい前髪なしヘアアレンジ集8選 - 和婚のいろは

2.草履(ぞうり)

草履は、足元を飾るために必要不可欠の小物です。

結婚式のときに履く草履はかかとのあるものを選ぶため、新郎との身長差を考慮して選びましょう。

ただし、かかとの高い草履は歩きにくくなるため注意が必要です。

草履の色は白無垢であれば白色を、引き振袖や色打掛であれば金色を選ぶなど、衣装の色に合わせて選択します。

3.帯締め(おびじめ)

 

 

帯締めとは、帯の真ん中あたりを締める紐のことです。

帯締めは結婚式以外でも使用する小物ではあるものの、結婚式の衣装では綿の詰まった「丸ぐけ」という帯締めを使うのが一般的です。

丸ぐけには「永遠に続く幸せ」という意味が込められており、末長い幸せを願う結婚式には欠かせない小物であるといえるでしょう。

また丸ぐけの色には種類があるため、衣装に合った帯締めを選びます。

4.抱帯(かかえおび)

抱帯とは、帯の下部を締めるために使用する細い帯のことです。

もともと階級の高い女性は裾の長い着物を身に付けており、外出時に引きずらないようにたくし上げるために抱帯を活用していました。

現代の抱帯は、花嫁衣装の装飾品としてのみ使用されており、帯の色に合わせて選ぶのが一般的です。

また長い裾をたくし上げたことで動きやすくなったことから、「自由」との意味が込められています。

5.帯揚げ(おびあげ)

帯揚げとは、帯の形を作る土台として利用する帯枕の紐を包み隠す布のことです。

背中から回して前で結ぶことから、「しょい揚げ」や「せおい揚げ」と呼ばれることもあります。

帯揚げは鹿の子絞り(かのこしぼり)と呼ばれる方法で作られたものがあり、「子孫繁栄」「子宝に恵まれる」といった意味が込められています。

帯締めは帯の上から見えるため、帯や帯締めと合うものを選びましょう。

6.懐剣(かいけん)

懐剣とは布製の袋に入れた短剣のことで、左側の帯に挿して飾る小物です。

もともとは武家の女性が護身用に持っていたことから、「自分の身は自分で守る」「一度嫁いだら帰らない」といった意味が込められています。

つまり、妻となる覚悟を表現するための小物だといえるでしょう。

懐剣にもさまざまな色柄があるため、衣装に合わせて選ぶのがおすすめです。

7.筥迫(はこせこ)

筥迫とは、身だしなみを整える際に使用する白粉や紅筆などを収納する箱状の小物です。

現代でいう化粧ポーチのようなもので、胸元に差し込んで利用します。

筥迫には「身だしなみに気を付けて、いつまでも女性として美しく」という意味が込められています。

筥迫は衣装の色に合わせて選びましょう。

白無垢を着用する場合は、白色の筥迫を利用するのが一般的でしたが、色味のある筥迫を選んでアクセントにする人が増えています。

8.末広(すえひろ)

末広とは、扇子のことです。

帯に挿して利用する小物で、片側が金色、反対側は銀色になっているのが特徴です。

ただし広げて使用するのはマナー違反とされており、手に持つ場合であっても閉じておきましょう。

また末広には「末広がりの幸せが続きますように」との意味が込められています。

末広の房飾り(タッセル)は、衣装の色に合わせて選ぶといいでしょう。

 

和装小物を取り入れる際のポイント3つ

和装小物を取り入れる際のポイントは、以下の3つです。

  • 2人の趣味を反映させる
  • 小物を持ち込めるのか確認しておく
  • 撮影する際は小物が見えるポーズにする

和装小物を取り入れる際は、2人の趣味を反映させることで、オリジナル性のある結婚式を挙げられます。

また持ち込みたい小物がある場合は、事前に確認しておくと安心です。

ほかにも写真撮影がある場合は、あらかじめポージングを決めておくことで、スムーズな撮影が行えるでしょう。

ここでは、和装小物を取り入れる際のポイントをご紹介します。

1.2人の趣味を反映させる

和装小物を取り入れる際は、2人の趣味を反映させましょう。

例えばサッカー観戦が趣味であれば、ユニフォームやサッカーボールをイメージした小物を用意するのもおすすめです。

ほかにもゲームが趣味であれば、好きなキャラクターをイメージするのもいいでしょう。

共通の趣味を反映させることで、オリジナリティのある結婚式になります。

なお小物を選ぶ際は、衣装とのバランスを考えながら統一感を意識することが大切です。

2.小物を持ち込めるのか確認しておく

和装小物を取り入れる際は、小物を持ち込めるのか確認しましょう。

和装小物は、衣装とセットで借りられる場合があります。

しかし2人の世界観を表現するために、手作りしたい人もいるかもしれません。

その際は、あらかじめ持ち込めるかを確認しておくことが大切です。

小物を持ち込む際は持ち込み料が発生する場合もあるため、併せて確認しましょう。

小物を手作りしようとお考えの人は、以下の記事も併せてご覧ください。

和装の前撮りに手作り小物を作ろう!材料は100均でOK - 和婚のいろは

3.撮影する際は小物が見えるポーズにする

和装小物を用いて撮影する際は、小物が見えるようなポーズを考えておきましょう。

撮影時間には限りがあるため、小物を活かした写真を残したい場合は、事前にポージングの練習をしておくのがおすすめです。

例えばお気に入りの筥迫を使用しても、花嫁の胸元が隠れるポージングをしてしまうと、写真に残すことは難しくなります。

あらかじめカメラマンにイメージを伝えておけば、より理想の写真撮影が行えるでしょう。

なお、和装前撮りを行う際のポーズに関する詳細は、以下の記事をご覧ください。

和装前撮りポーズをご紹介!撮影場所や注意したいポイントについて

まとめ:和装小物にもこだわって素敵な結婚式を

この記事では、和装小物の意味や取り入れる際のポイントをご紹介しました。

ポイントは、以下のとおりです。

  • 和装小物の意味を理解して、願いを込めた結婚式を挙げる
  • 和装小物を取り入れる際は、2人の趣味を反映させる
  • 和装小物を持ち込めるか確認しておく
  • 撮影を行う際は、ポージングを考えておく

和婚スタイルでは、48,800円から神前式や神社結婚式を行えます。

神社挙式のプロが提案はもちろん、小物に関する疑問も解決してくれるでしょう。

無料相談会も実施しているため、和装小物にお悩みの人は一度参加してみるのはいかがでしょうか。

和婚スタイルの無料相談会 開催中!

「結婚式をしたいけど何から準備すればいいの?」

「神社で結婚式をするためには、何をどうするの?」

「神社での結婚式はお金はどれくらいかかる?」

もやもや”としたお悩みはありませんか?
最初は、何から相談するべきなのかわからず、不安ですよね。
お客様同様、先輩カップルも同じように不安でした。

そこで、年間1,300組の結婚式を支援している和婚スタイル無料相談してみてはいかがでしょうか?

\ 予約完了まで3分 /

Webで無料相談を予約する

【和婚スタイルの無料相談会に参加するメリット】

  • 本番までの準備や段取りがわかる
  • 神社で結婚式をする際の費用がわかる
  • 試着をして実際の着心地を確認できる
  • 「和装で写真が撮りたい」「自宅で結婚式をしてみたい」などの相談もできる
  • 48,800円という低価格なのに口コミ評価が高いヒミツがわかる

来館いただくと、無料で白無垢や色打掛など式当日に着る衣装を試着できますよ

来店が難しいお客様のために
無料オンライン相談会も実施中!

当日の急なご予約もOK!
10分のスキマ時間での相談もできます

もやもや”とした結婚式のお悩みを「和婚スタイルのスタッフ」と一緒に”すっきり”させませんか?

無料相談会へのご予約は、たったの3分で完了します!

もちろん、しつこい営業当日にムリヤリな契約はいたしません

相談予約ボタンポチッとタップして
無料相談会にご参加下さい!

\ 予約完了まで3分 /

Webで無料相談を予約する

和婚スタイルの費用を見てみる

-和装のいろは



Copyright © Best-Anniversary, All Rights Reserved.