和装のいろは 記事一覧

結婚式の和服|新婦・新郎・両親の和服にはどんな種類があるの?

投稿日:

白無垢姿の花嫁さんが楚々とした仕草でお酒をたしなむ。結婚式と聞くとこのシーンを頭に思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

白無垢は日本古来の花嫁衣裳。結婚式でしか着る機会がないため「結婚式では白無垢を着たい!」と考えている花嫁さんも多いですよね。

今回は結婚式の和服についてご紹介します。新婦・新郎・両親が和服で結婚式に出席するときにはどのような衣装を着るべきなのかみていきましょう。

【新婦編】結婚式の和服

新婦が結婚式で着る和服は白無垢・色打掛・引き振袖の大きく分けて3種類。どれも日本の歴史を感じさせる伝統的な衣装です。白無垢は挙式で、色打掛や引き振袖はお色直しとして選ばれることの多い衣装となっています。

白無垢(しろむく)

白無垢は打掛や帯に至るまですべてを白一色で染められた挙式専用の礼服です。室町時代頃に日本に広まりました。

昔から日本の結婚式の定番衣装であり、和装の中で最も格式が高い衣装とされています。頭には綿帽子や角隠しを付けます。和服で結婚式を挙げる花嫁さんに人気の高い衣装です。

色打掛(いろうちかけ)

色打掛は掛下に鮮やかな色や柄の打掛を羽織る婚礼衣装のこと。室町時代や江戸時代に女性に広まった衣装です。白一色の白無垢とは違い、様々な色や模様が用意されています。華やかな印象を与えられる和服です。

頭には角隠しを合わせることが一般的ですが、最近は髪型を洋風にアレンジする人も。オシャレな花嫁さんにおすすめの衣装です。

引き振袖(ひきふりそで)

引き振袖は通常の振袖より長い袖が特徴的。様々な色や柄の衣装があり、和髪にも洋髪にも合わせやすいです。江戸時代から明治時代にかけて女性の礼装でした。

中でも黒地の引き振袖は、明治政府が男性の正装の色を黒と決めたのに準じて主流の婚礼衣装とされていた過去があります。レトロな趣きを感じさせてくれる衣装です。

【新郎編】結婚式の和服

男性が結婚式で着る和服は紋付羽織袴が一般的。第一礼装とされているのは黒色の紋付羽織袴です。花嫁衣裳との色合いを鑑みて、他の色の紋付羽織袴を選ぶ方もいます。

黒紋付羽織袴(くろもんつきはおりはかま)

男性の和装の挙式衣装で最も格式の高い衣装です。背中・両袖の後ろ・両胸元の計5か所に白い紋が入っています。一般的には家紋が入りますが、レンタル衣装の場合は誰でも利用できる紋(通紋)が入ることになります。

色紋付羽織袴(いろもんつきはおりはかま)

グレーや紺といった黒以外の生地で作られた紋付羽織袴です。多様な色が用意されているため、新郎に似合う色や花嫁衣裳と合わせた色を選べますよ。黒の紋付羽織袴に比べると格式が下がる衣装であり、神社によっては着用できないケースがあります。色紋付羽織袴を着たいときは事前に神社へ確認するようにしましょう。

【両親編】結婚式の和服

両親の衣装は両家で統一するのがおすすめです。そのため和装の場合は、両家共に和服での参列が望ましいでしょう。男女ともに正装での参加が基本です。

男性 黒紋付羽織袴(くろもんつきはおりはかま)

男性は紋付羽織袴が正装です。その中でも特に黒は格式が高い色とされています。

同じ男性なので新郎の衣装も黒紋付羽織袴が正装となりますが、父親の衣装は新郎の衣装とは模様が少し違っています。同じお店でレンタルする場合は、新郎の衣装と合わせて確認するといいでしょう。

女性 黒留袖(くろとめそで)

女性の場合は、既婚女性の和装の中で最も格式高い衣装である黒留袖が第一礼装です。黒地の留袖に金色や銀色で華やかな文様が腰から下に描かれており、袋帯も黒地に引き立つ金色や銀色で作られています。

和服で和婚スタイルの神社挙式

和服で結婚式を挙げるなら、神社挙式が一番。日本伝統の衣装を着て、古来から伝わる神聖な作法に則った結婚式を挙げることができます。言わずもがな和服と神社のロケーションは相性がぴったり。自然豊かな境内の景色を背景に、一生の思い出に残る素敵な写真を残すことができますよ。

和婚スタイルでは湯島天満宮や浅草神社を始めとする様々な神社での挙式が可能です。神社挙式と写真撮影やお食事会がセットになったプランも用意されているため、神社挙式の手配が和婚スタイル内ですべて完結します。神社挙式をご検討されている方におすすめです。

神社挙式+写真撮影プラン

神社での挙式と写真撮影がセットになったプランです。プランには新郎新婦の衣装レンタル代、ヘアメイク、着付け、ヘアアクセサリー、美容アテンド、小物一式といった挙式に必要なものが一通り含まれています。こちらに神社での挙式と境内での写真撮影がセットに。撮影した写真はデータをダウンロードすることができるため、プリントでもデータでも好きな形で保存できます。

お値段は48,800円からです。別途神社への初穂料が必要になります。挙式がセットで5万円以下というのは破格でしょう。

神社挙式+お色直し+写真撮影プラン

先ほどの神社挙式+写真撮影のプランに、お色直しがセットになったプランです。こちらのプランでは新婦はお好きな衣装を2着選ぶことができます。挙式中は厳かな白無垢で挙式後は華やかな色打掛など、お好きな組み合わせで衣装を着られます。和服だけでなく、ウェディングドレスやカラードレスも選ぶことができますよ。「白無垢もウェディングドレスもどっちも着たい!」という花嫁さんのわがままを叶えてくれるプランです。一生に一度の結婚式。こだわりの衣装で思い出を残しましょう。

お値段は98,800円からとなっています。プラン内に美容スタッフのサポートも含まれているのでお色直しも安心です。

神社挙式+お食事会プラン

神社挙式とお食事会がセットになったプランです。神社での挙式を終えた後、人気のレストランやホテルでお食事会を。両親や親しい友人とゆったりとした時間を過ごせるプランになっています。

プランには新郎新婦の衣装レンタル代(2着ずつ)、ヘアメイク、ヘアチェンジ、着付け、ヘアアクセサリー、美容アテンド、小物一式が含まれています。こちらに着席コース料理、フリードリンク、会場使用料がセットに。神社での挙式とお食事会に必要な手配は和婚スタイルのプランですべて手配することができますよ。

お値段は参加人数によって異なり、6名の場合は198,800円から、12名は270,800円から、18名は342,800円からとなり、以降1名追加ごとに13,200円料金がプラスとなります。

すき間時間でOK!まずは無料相談会へ

神社挙式に興味を持った方は和婚スタイルのオンライン相談会で話を聞いてみましょう。オンライン相談会なら自宅にいながら結婚式の相談ができます。オンラインで見積もりを取ることもできるので、なかなかお店に行く時間が取れない方にはぴったり。もちろん来店での相談も可能です。予約はサイトから簡単にできます。

Webで来店予約

「神社挙式ってどう?」といった基本的なことから「どこの神社で挙げられるの?」「こんなことはできる?」といった具体的な相談まで、スタッフが親身になって答えてくれます。神社挙式をお考えの方はぜひ和婚スタイルのサイトを覗いてみてくださいね。

-和装のいろは, 記事一覧

Copyright © Best-Anniversary, All Rights Reserved.