SHRINE神社

仙台東照宮

仙台東照宮 宮城県仙台市青葉区 / 初穂料3万円

写真映え抜群

初穂料10万円以下

近隣に会食会場あり

駅チカ・好アクセス

バリアフリー

参列40名以上対応可

基本情報

仙台東照宮(せんだいとうしょうぐう)は、宮城県仙台市青葉区東照宮にある徳川家康をまつる神社。承応3年(1654年)に仙台藩2代藩主伊達忠宗が創建した。正式名称は東照宮。
明暦元年(1655年)より神輿渡御を斎行しており、2018年(平成30年)には御遷座365年を記念して行われた。

仙台の東照宮は、1654年(承応3)、仙台藩の初代藩主伊達政宗公の世継ぎである2代藩主伊達忠宗公によって創建されました。伊達政宗公の没後、仙台藩の領内では大火、大洪水等の災害が続き、仙台藩の財政は重大な危機に陥りました。しかし幕府の物心両面の援助により危機を脱し、基本的な体制を確立することができました。

このような背景から忠宗公は、徳川家に対する尊崇・感謝の標として、1649年(慶安2)に時の将軍徳川家光公に東照宮創建を願い出て直々に許可を得ると、社殿の造営にとどまらず神社を維持管理するための御宮町の制定、仙台最大のお祭りである東照宮御祭礼の斎行と御譜代町を含む氏子町の指定など東照宮を仙台藩の守護神とするための様々な取り決めを行いました。

初穂料
30,000円
住所
宮城県仙台市青葉区東照宮1-6-1
アクセス
公共交通機関をご利用の場合
JR仙山線「東照宮」駅より徒歩3分
挙式スタイル
神前式
対応人数
50名程度
駐車場
あり (120台)

おすすめポイント

重要文化財

国の重要文化財に指定されている隨身門は、唐様、和様の手法をとりいれ複雑な斗組が特徴。

本殿

社殿のなかでも重要な建造物の本殿。扉には天女、龍、唐獅子などが浮き彫りされている。


フォトギャラリー

近くのおすすめ会食会場

近くのおすすめ会食会場

その他のおすすめ神社

人気プラン

ブライダルフェア

お近くのサロンで
お待ちしています