大頭神社

大頭神社おおがしらじんじゃ

夫婦滝に見守られて叶える古式に則った神前結婚式
厳島神社の摂社として603年に創祀され、古くは厳島兼帯七社のひとつとされた「大頭神社」。勇壮な流れの雄滝と神社右手のしなやかな流れの雌滝が合流するところに鎮座し、挙式を行う地として縁起がよいとされている。かつては「烏食祭」「四烏の別れ」という由緒ある神事も伝承されていた歴史ある神社での秋の例大祭は、毎年多くの観光客が訪れることで知られる。
妹背の滝が鎮座する縁起のよい「大頭神社」での挙式は、雌滝を見ることができる本殿で。雄大な自然の息吹と澄んだ水の音に包まれて叶える神前結婚式は何よりの思い出に。ふたつの滝に見守られて、清々しい晴れの門出が実現。

大頭神社挙式

神社挙式とお食事会プラン

6名様 198,800円

基本情報

初穂料
50,000円
住所
広島県廿日市市大野5357
アクセス
JR山陽本線「大野浦」駅より徒歩20分
駐車場
あり (46台)
挙式スタイル
神前式
対応人数
50名
定休日
-

大頭神社挙式

神社挙式とお食事会プラン

6名様 198,800円

お近くのサロンで
お待ちしています